ツクモRobot王国 オンラインショップ
↑ロボットに関するモノは何でも買える!↑

10001069.gif

死神のルール

・死神は、デスノートを最低1冊は必ず所有していなければならない。

・人間をデスノートで殺すと、その人の寿命と現在の年齢の差分を自分の寿命として得ることが出来る。

・目の取引を行った場合でも死神は取引をした人間の寿命を得ることはできない。

・死神は通常、人間が、ノートを使った39日以内に使った者の前に姿を現す。

・死神は所有者及びノートに触れられた者で見える人間の名前を、他の人間に教えてはならない。

・ノートのない死神は他のノートの所有者についてのことを人間に話すことはできない。

・死んだ死神を認知できていた人間でないと死んだ死神のノートを見たり触れたりすることは出来ない。

・デスノートの元持ち主である死神は、そのノートでの死の手伝いや妨げになるような行為は基本的にはしない。

・死神界では死神大王がノートの管理を行っている(基本的に1人1冊。リュークは死神大王を騙して入手したらしい。)。

・ノートの所有者が、所有権を持たない人間にノートを貸した場合でも、死神はあくまで所有権のある人間につかなければならない。

・死神が特定の人間に好意を持ち、その人間の寿命を延ばすためにデスノートを使用した場合、死神は死ぬ。死んだ死神の寿命は、寿命を延ばされた人間に相応しい程度の寿命として与えられる。

・死神が死んだ場合、その肉体は消えるがデスノートは残る。その際、所有権は次に触れた死神に移るが、基本的には死神大王に返上すべき。

・死神が人間界で何かしらの違反行為なるものを犯した場合、死神界でその違反行為の悪度によって罰が下される。罰は、「7級」から「特級」まで。
ちなみに、死神がデスノート以外で人間を殺すのは「特級」である。

・死神はむやみに人間界に居てはならない。人間界に居て良い場合は
 1・デスノートを渡す人間を人間界単位で84時間以内で物色する場合。
 2・自分に所有権があったノートを人間に譲渡したとき。
などと多々理由がある。

posted by マニ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DEATH NOTE>ルール

デスノートのルール

「デスノートのルール」について

【基本ルール】

・人間の顔を思い浮かべその名前を書くと、その人間は死ぬ。同姓同名の人間がいても、効果が働くのは名前を書くときに思い浮かべた対象だけ。通称名などでは不可。ただし対象者の漢字表記が不明の場合、当てをつけていくつかの名前を書いた中で当たりがあれば対象者を殺すことができる。ミドルネームがイニシャルの場合でも有効である。

・名前以外何も書かない場合は40秒後に心臓麻痺での死亡となるが、名前を書いてから40秒以内に死因を書けばそのとおりになる。

・デスノートを切り取った1ページや切れ端などでもデスノートの効果は有効である。

・自分で自分の寿命をデスノートによって縮める事はできる。

・ノートに触れれば誰でもそのノートに憑いている死神を見ること、話すことが出来る。

・所有権を持たない者でもデスノート、もしくはその切れ端に名前を書けば所有者と同等の効果を得ることが出来る。

・いかなる方法を用いてもノートに名前を書かれた人物の死を取り消すことは出来ない。

・絵で知っているだけの顔の人間は、デスノートで殺すことは出来ない。ある程度鮮明な写真や映像なら殺せる。

・原則的に人の寿命を延ばすことはできない。が、稀に間接的にではあるが寿命が延びるケースがある(自分を殺す予定の者をデスノートで殺した場合など)。

・デスノートはどれだけ使ってもページが尽きることはない。

続きを読む
posted by マニ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DEATH NOTE>ルール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。